スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リンパの流れ【ホールボディースキンケア】 

b_ss1_img01.gif

b_ss1_img05.gif


fons_newitem_01.jpg

人間のからだは年齢を重ねるにつれて代謝機能が低下します。お顔の肌であれば、くすみやたるみの原因つもなり、ボディであればむくみ、肥満となってあらわれてきます。逆に、新陳代謝が活発で、細胞の生まれ変わりのリズムも整っていれば、肌やからだはすこやかでいられるものです。

フォンスのかんたんスキンケア
フォンス デトクサーシリーズのかんたんスキンケア
リンパの流れ
Skincare-view.jpg

concept_r6_c1.gif
外出から戻ったら、メイクの上からフォンスウォーターを2~3スプレー。
軽く押さえてなじませてください。

Why:フォンスウォーターの抗炎症、抗酸化作用で日中の紫外線や外部刺激などで、マイナスへダメージを受けた肌を、洗顔前にゼロ状態(ニュートラルな状態)へ戻してゆきます。
concept_r11_c1.gif
洗顔をします。

Why:フォンスで唯一弱アルカリ性のフォンスフォームがベストマッチングです。

concept_r16_c1.gif
もう一度、フォンスウォーターを2~3スプレーして軽く押さえ、なじませてください。

Why:洗顔でのダメージを回復させて、肌をひきしめます。また、次のスキンケアの有効成分を、肌のすみずみまで確実にデリバリーします。

concept_r21_c1.gif
フォンス ボディデトクサー、またはフェイシャルデトクサーをパール粒3~4 個分を顔にのせ、リンパに沿ってやさしく塗ってください。
肌が必要としている分だけスーッとしみ込んでゆきます。
デコルテと顔全体のケアには、倍量位をお使いください。

Why:まいにちお使いになることで、肌のチカラをゆっくりと沸きあがらせ、肌の奥から透明感の湧き出る肌へと導きます。



■かんたんスキンケアでは、保湿が足りない乾燥肌の方は、フォンス ボディデトクサーまたはフェイシャルデトクサーをお使いになる前に、フォンスローションでたっぷり保湿しましょう。
■外出前の朝のスキンケアには、フォンスジェルクリームをおすすめします。デトクサーシリーズとの重ねてのご使用も出来ます。

キレイはこちら
キレイママのスキンケアとダイエット f_04.gif a_04.gif
スポンサーサイト

美肌を作る5つのエッセンス 


§§睡眠が美肌を作る
 睡眠が一番重要です。美肌のためにというと、まず食生活に気をつける人が多いようです。確かに食生活も大切ですが、睡眠はもっと重要です。

 睡眠をとってない翌日の疲れた顔はほかの人から見ても分かりますが、昨日はカップラーメンしか食べていなくても、顔を見てわかることはないでしょう。特に「大人のニキビ」と呼ばれる吹き出物ができてしまった場合は、寝不足を疑いましょう。

 適度な睡眠は1日6時間を切る日がないようにすることです。今日は5時間、明日は7時間ではいけません。毎日6時間以上を確保することです。床に就く時刻をできるだけ一定にすることも大切です。遅く寝て、遅く起きて、では意味がありません。できれば、日付が変わるまでに寝に入るのが理想です。

 一度決めたリズムはなるべく動かさないようにしてください。明日は休日だから、夜中の3時に寝て、昼過ぎに起きればいいや、ではいけません。

 睡眠が足りていないと、口内炎やものもらい、頭痛、イライラ……と、弊害を挙げればきりがありません。寝不足が原因の不調は化粧品やサプリメントなどで補うことができないので、十分な睡眠を取れるように心がけましょう。
美・サイエンス

§§ミネラルウオーターが体にいいのウソ
 ミネラルウオーターが健康にいいと信じて飲んでいる人が多いようですが、飲みすぎはいけません。ミネラルウオーターはヨーロッパから入ってきたものであり、日本人は飲みなれていないので体質には合いにくいのです。

 硬度の高いミネラルウオーターを飲んで便秘が治ったという話を聞きます。でも、それは便秘が治ったのではなく、飲みなれていないからお腹を壊しているだけの場合もあるのです。飲み続けると腸が弱ってしまい、もっとひどい便秘になることもありえます。

しかし、日本では飲めば飲むほど良いという不思議なイメージが定着しているようです。ミネラルウオーターの「ミネラル」とは、「鉱物」という意味。土の中に溶け込んでいる成分が浸み出しているわけで、温泉水と同じです。金属は摂りすぎると有害になる場合もあります。

 特に、ミネラルウオーターの中にはナトリウムを多く含むものがあります。ナトリウムを飲料水として飲むのは塩分を摂るのと同じです。日本人はもともとナトリウムを摂取しすぎる傾向があります。多すぎると腎臓に負担がかかってしまいますから注意しましょう。ミネラル自体は、日本人の日常の食生活で摂取量は十分であるといわれています。
美肌への第1歩は、スコラゲンの基礎化粧品から

§§代謝を上げるのは運動だけ
 代謝を上げるために半身浴をしているという女性がいます。これは汗をかいているだけで、代謝は上がっていません。むしろ汗をかくことによって体が汗をかきやすくなって、ちょっと体を動かしただけでもだらだらと汗をかく体質になる可能性があります。

 代謝を上げるには、やはり運動が一番です。なかでもウオーキングが一番簡単でいいのではないでしょうか。

 やせたいのであれば20分以上歩くようにすると効果的です。筋力を上げるためや腰痛、冷え性対策が目的であれば、15分ぐらいでも十分です。歩いていると足のラインも変わってきますし、ヒップラインも上がってきます。

 汗をかくことで代謝するのではなく、筋肉を付けて基礎代謝量を上げるのが重要です。常に脂肪が燃えている状態にして、やせやすくするのです。

 よく、同じ量を食べているのに年齢を重ねると太ってきたという話を聞きます。これは筋肉量が減ったせいで、代謝が下がっていることが原因です。平熱が36度を切るような低体温の人や冷え性の人は代謝が低く太りやすいとされます。

 人間の体は中から冷やすようにはできていません。内臓の粘膜は温度が変わっても皮膚のように温度調節ができないので、冷たいものを飲みすぎると、消化にもよくありません。自然界では氷の入ったものを飲むなどということはないからです。そのため、冷たい飲み物で胃腸の温度を下げてしまうと消化酵素などの働きも低下します。できるだけ常温以上の飲み物を飲むように心がけましょう。
天然主成分の化粧品 ADJUPEX

§§野菜ジュースでビタミンは摂れない
 野菜が摂れない代わりに野菜ジュースを飲む、という人がいます。でも、それではビタミンは摂れません。

 野菜をジューサーにかけてからしばらくすると、ビタミンが壊れてしまうからです。どうしても飲みたければ、自分で野菜ジュースを作る、という方法もありますが、そんな手間をかけるくらいなら、スープや温野菜にして食べたほうが効率的です。

 コマーシャルでは「野菜を毎日を摂るなんて無理ですよね」という言葉を耳にすることがありますが、そう簡単に割り切ってしまってよいのでしょうか。野菜を摂れるかどうかは自分の心がけ次第です。ちょっとの手間、ちょっとの段取りで野菜を摂ることはできます。

 私がスーパーに行くのは週1回ですが、ニンジンのように日持ちする根菜類は多めに買います。経験では有機野菜を買うほうが日持ちもするし、栄養価も高いので、割高でもそちらを選ぶようにしています。

 だめになりやすいものから食べていくので、月曜は葉モノ、金曜は根菜というようなメニューになります。食べ切れなかった野菜は冷凍しますが、できるだけ食べ切るようにします。

 調理法は、私はゆでることが多いです。余った野菜を切り刻んでミネストローネにしたり、冷凍したものでもポタージュにすれば味が落ちないのでおすすめです。どうしてもできない人は市販の冷凍のゆで野菜などを利用してみましょう。コンビニの弁当を買ってきてチンする余力があるなら、冷凍の温野菜を摂ることができるはずです。
肌の悩みに皮膚再生科学の最先端理論を!

§§サラダは体を冷やす
 野菜を摂ろうと、サラダを食べている人を見かけますが、サラダからは十分なビタミンを摂れません。レタスとかキュウリばかりで、食感は良いのですが、栄養価は緑黄色野菜の何十分の1しかありません。それにドレッシングのほとんどは油ですから、この点も考え物です。

 ビタミンが多いのは、ピーマンやカボチャ、ホウレンソウ、ニンジンなどの緑黄色野菜です。でも、これらの野菜がサラダに入っていることは少ないですよね。サラダよりはまだ野菜スティックのほうがビタミンを摂りやすいのではないでしょうか。

 女性の好きなパンやパスタはカロリーにはなりますが、栄養にはなりません。「肉=脂っこい」と思っている人がいますが、これは間違いです。鶏肉や豚肉などの、脂身を取り除けば、残りはたんぱく質ですから、肌をつくるもとになるのです。逆に菓子パンは砂糖の塊。ケーキと同じだと思ってください。

 おすすめはやはり和食です。多くの食材を一度に食べられる、美肌にも健康にもいい最高の料理です。これからの季節に美味しいレシピを2つ紹介しますので、挑戦してみてください。
(以下は『美肌のひみつ』より抜粋)

■カボチャと鶏肉のうま煮
温性食材の鶏もも肉とカボチャをしょうゆ味で煮込んだ、ボリュームのある一品。ネギも温性食材です。
●材料
鶏もも肉200g カボチャ200g ネギ1本 ショウガ1かけ 水1カップ 酒大さじ1 A[みりん大さじ1 砂糖大さじ1 しょうゆ大さじ2]
●作り方
1)鶏肉はひと口大に、カボチャは3cm角に、ネギは長さ4cmに切る。ショウガは薄切りにする。
2)フッ素樹脂加工のフライパンを中火で熱し、鶏肉の皮を下にして焼く。油が出たらカボチャ、ネギ、ショウガを加えて炒め、水と酒を加え、煮立ったら弱火にして10分煮る。
3)Aを加え、強火で汁気がなくなり、カボチャが柔らかくなるまで煮る。

■レンコンの重ね蒸し
温性食材のレンコンと鶏肉を重ねたやさしい味わい
●材料
レンコン(細めのもの)5cm 鶏ひき肉100g A[ショウガ、ニンニクのすり下ろし(チューブ)各小さじ1/4 塩、こしょう各少々] 酒大さじ1 B[しょうゆ大さじ1 片栗粉小さじ2]
●作り方
1)レンコンは5mm幅に切って水に10分程度さらす。鶏肉にAを混ぜる。
2)レンコンの水気を切って耐熱の器に並べ、鶏肉を10等分してレンコンにのせる。酒を全体に回しかける。
3)2)の器にラップをふんわりとかけ、電子レンジで5分程度加熱する。肉に爪楊枝を刺してみて透明な汁が出たら皿に盛りつける。残った汁にBを加えてさらに1分程度加熱し、とろみがついたら肉に回しかける。

美肌を作る5つのエッセンス――吉木伸子(よしき・のぶこ)
プロフィール
横浜市立大学医学部卒。慶応義塾大学医学部皮膚科に入局。その後、レーザークリニック、米国オハイオ州の形成外科、漢方診療所などでの研修を経て、よしき皮膚科クリニック銀座を開設。主な著書に『素肌美人になる』『美肌のひみつ』(共に池田書店刊)『美肌ルネッサンス』(集英社刊)などがある。
ソース:日経WOMAN

キレイはこちら
キレイママのスキンケアとダイエット f_04.gif a_04.gif

きれいな肌を取り戻す! からだの芯から美しくなる秘訣 

今年の夏は暑かったし、長かった……。それが今ではもう、とても寒い日があるほど。なんだか今年は秋が短い。
夏にサンサンと降り注いだ紫外線。秋はそのダメージをしっかりケアして、乾燥する冬に向けての土台づくりが必要なとき。秋が短いからといって、手抜きは許されないのだ。そこで、今から間に合う秋から冬にかけての美肌対策を紹介しよう。

お話を伺ったのは…

辛 氾基先生
医療法人社団三慶会スキンキュアクリニック新宿理事長
医療法人社団三慶会しん皮フ科クリニック理事長
金沢医科大学卒業後、東京医科大学と都立大塚病院に勤務。
レーザー治療を取り入れたいという思いから、大塚にある美容外科でレーザーを用いた治療について学び、しん皮フ科クリニック、スキンキュアクリニック新宿を開業。

取材担当:永井 ひろみさん
株式会社クリスタルジェミー 企画営業部・広報宣伝
日本IRプランナーズ協会検定会員(CIRP

『私が証明です』のCMでおなじみの中島香里が、代表取締役社長を務めるクリスタル
ジェミーで、広報・宣伝を担当。
「間近で見ても美しい社長のお肌の秘密を、皆様にお伝えしています」とのこと。

§§美肌のために肌のことを知っておこう!

肌は体のもっとも外側にある組織で、体の内側を外的環境から守るために備わっている臓器だ。つまり、体の健康を保つために存在しているもの。体は、まず生きるために欠かせない臓器を守ろうとする。そのため、肌の健康は後回しになってしまいがち……そう、肌を健康で美しく保ちたいなら、まずは体の健康状態をよくすることが大切なのだ。次に訪れる肌の試練――冬の乾燥――を乗り切るためにも、化粧水や美容液、パックなどのスキンケアと同時に、体の内側からのケアも充分にしておきたい。

よいといわれるスキンケアをただやみくもに行うだけでは、本当にきれいな肌を手に入れることはできない。まずは肌を知ること。そうすると肌に対する意識が変わり、ケアの仕方も変わってくるはずだ。

表面から見えない部分も肌の一部
肌は一番外側で外的刺激から体を守る表皮と、その内側で肌の弾力やハリを保っている真皮という2つの層から成り立っている。さらに表皮は、外側から順に、角質層、顆粒層、有棘層、基底層に分かれ、肌の健康を維持している。
chn13_rpt998_1113-hadakouzou.gif

表皮の新陳代謝アップが美肌の鍵
表皮の最上層の角質層は、水分を保ち、外部からの異物の侵入を防ぐ。表皮の最下層の基底層では新しい細胞が作られ、それが角質層に向かって細胞分裂をしながら押し上げられ、古くなった細胞は最後に剥がれ落ちる。これが肌のターンオーバーである。ターンオーバーは正常な人では28日周期で行われるが、この能力が衰えると肌は新しく生まれ変わることができず、古い細胞が残って肌をごわつかせ、くすませる。透明感のある肌は、ターンオーバーがスムーズな状態から生まれるのだ。

肌の美しさは真皮で決まる
表皮に守られた肌の内側の真皮では、たんぱく質の一種であるコラーゲンが生成され、バネのような役割をして肌を支えている。コラーゲンの減少は、肌のハリや弾力を失わせたり、シワの原因につながる。そしてコラーゲンの間を埋めているのがヒアルロン酸だ。その重さの数1000倍もの水を保つことができるといわれているヒアルロン酸。その働きによって肌は水分を保持している。だから、ヒアルロン酸が多ければ水分が充分保たれ、皮膚の表面まで潤うが、少なければ水分も減少して皮膚の表面も乾燥してしまう。

紫外線によって起こる肌の老化
紫外線を浴びると、肌は表面を黒くするメラニンという成分をつくる。これ以上紫外線を肌の内側に通さないようにするためだ。そんな機能が本来備わっているほど、紫外線は体によくないものである。
地上に降りそそぐ紫外線A波とB波がある。このうちB波は、前述のように肌を黒くする作用がある紫外線で、大量に浴びるとターンオーバーがうまくできなくなり、できてしまったメラニンがシミとなって残ることがある。A波は、表皮を飛び越え、真皮に作用する紫外線。これが厄介で、コラーゲンやヒアルロン酸を破壊して肌を乾燥させてしまう。そして、乾燥によって肌にシワやたるみが現れる……これを「光老化」という。肌の老化はこの光老化によるものが主な要因とされている。

§§肌の成分と食べ物との関係は?

肌を構成する主な栄養素は、約20種類のアミノ酸である。このアミノ酸から表皮を構成するケラチン、真皮を構成するコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、コンドロイチンなどがつくられるのだ。
真皮の内部では繊維成分であるコラーゲンが大部分を占めており、網目状になっている。エラスチンはコラーゲンに絡み合って肌の骨格をつくっており、ゼリー状であるムコ多糖類のヒアルロン酸、コンドロイチンなどがその間を埋めている。また、アミノ酸は表皮の天然保湿因子の主成分にもなっている。したがって、アミノ酸不足は、さまざまな肌のトラブルを発生させることになってしまう。

私たちは、肌にとって必要不可欠なアミノ酸を日々の食事から摂取している。肉、魚、卵、大豆などの食品が体内で分解されてたんぱく質となり、さらに細胞内のたんぱく質がアミノ酸に分解されるのだ。そのアミノ酸が真皮にある線維芽細胞で再合成され、最後にコラーゲンなどの美肌に必要な成分になる。
chn13_rpt998_1113-bunkai.gif

肌によい栄養素の摂取方法
美しい肌をつくるには、コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどの肌内部に含まれている栄養素をそのまま摂取すればOKと思いがち。でも実は、食品は摂取した段階で細かく分解されるため、摂取した栄養素がそのまま肌に届くわけではない。例えばコラーゲンが含まれている食品を食べたとしても、その食品は体内で最終的にアミノ酸に分解され、そして体内のたんぱく質として再合成される。だから、コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどを再合成するために必要な栄養素を摂取することが必要なのだ。

コラーゲンを生成するためには、アミノ酸とビタミンCが必要。ムコ多糖類であるヒアルロン酸やコンドロイチンを合成するには、アミノ酸と糖質が必要だ。よって、コラーゲンなどを摂取しなくても、アミノ酸やビタミンC、糖質などの栄養素が含まれる食品を充分に摂取していれば、美肌をつくることは可能といえる。
しかし、どんなに合成を促進させる栄養素があっても、美肌をつくる材料がなければ意味がない。効率よく肌成分を合成させるには、合成を促進させる栄養素と、材料となる栄養素をバランスよく摂取しておくとよいだろう。

§§肌をケアするおいしい食べ物が知りたい!

美肌づくりに役立つ食材
・たんぱく質(皮膚の材料となる)
 肉、魚、卵、大豆・大豆製品、牛乳・乳製品
・ビタミンC(コラーゲン合成を促進する)
 ブロッコリー、パセリ、イチゴ、キウイフルーツ、レモン
・ビタミンB2(皮膚の新陳代謝を促す)
 チーズ、うなぎ、納豆
・ビタミンB6(たんぱく質の代謝を促す)
 サンマ、マグロ、さば、レバー、バナナ
・コラーゲンを含む食材
 牛スネ肉、鶏皮、手羽先、ひらめ、かれい
・コンドロイチンを含む食材
 オクラ、山芋、なめこ

美肌のための効率のよい食べ合わせ
美肌づくりによい食べ合わせは、何と言っても、アミノ酸+ビタミンC。
フライドチキンにレモンの絞り汁をかけて食べるのは、コラーゲンに変化するアミノ酸がたっぷりの鶏もも肉と、レモンのビタミンCを一緒に摂る方法だ。焼き魚とすだちなどの柑橘系果物の組み合わせなら、カロリーを抑えながら理想的な肌をつくる栄養素を補給できるので、とても理想的といえる。

味覚の面から見ても、たんぱく質を含む食品とビタミンCが豊富な食品はとても相性がよいので、この食べ方には親しみがあるはず。これは美肌づくり以外にも、筋肉や臓器を形成したり血液を健康な状態にする際に効果的な食べ方。食べておいしいと思う組み合わせは、知らず知らずのうちに体の健康に役立つ組み合わせとなっているのだ。もちろん、健康のためにいろいろな栄養素をまんべんなくとることが大切なように、美肌づくりには偏りなく栄養バランスのとれた食事をすることが大前提であることをお忘れなく!

§§体の芯から肌をいたわる栄養満点のスキンケアを

毎日の生活で何気なく食べているもの、何となくやっているスキンケアを見直すことで、肌は変わってくる。特に食事に関しては、これまで肌ケアという意識がなかった人も多いのでは? 外側からいくら高価な化粧品をつけていても内側のケアができていなければ効果は半減してしまう。内側の健康、つまり体の健康があって、初めて肌に美しさが取り戻されるのだ。日ごとに乾燥していくこの季節こそ、内側と外側の両方から毎日のケアを行うことが美肌への近道だ。

●内側の肌ケア
コラーゲンで潤う、ぷる肌レシピ
ピリ辛豚足炒め 287kcal
【材料】1人分
豚足(骨つき) 90g
ズッキーニ   1/4本
唐辛子     1/2本
おろししょうが 大さじ1
酒       大さじ2
ごま油     大さじ1/2

〔a〕
薄口しょうゆ、みりん 各小さじ2
砂糖         小さじ1

作り方
(1)豚足を食べやすい大きさに切る。ズッキーニを厚さ5mm程度の半月切りにする。唐辛子は小口切りにする。
(2)圧力鍋に、豚足、おろししょうが、酒を入れて、豚足がやわらかくなるまで火にかける。
(3)フライパンにごま油を熱し、ゆでた豚足、ズッキーニ、唐辛子を入れて炒め、aで味をつける。

POINT
ボイルされた豚足を買ってくれば、もっと手軽に、短時間で調理が可能!

§§いつものケアを見直してダメージをリセット!

外側の肌ケア
紫外線ケアには何といっても保湿が一番! 毎日あたり前に行っているスキンケアだが、肌の保湿は充分にできているだろうか? ここで美肌をつくるスキンケアのポイントを知って、自己流のやり方を今一度見直してみよう。

(1)やさしい洗顔で古い角質を取り除く!
洗顔フォームはつっぱり感がなくおだやかに洗い上げるマイルドなものを選び、手をきれいに洗ってから、たっぷりとキメの細かい泡を作る(専用ネットを使うと簡単にできる)。泡を顔にのせて、こすらないよう、泡を転がすような感じで洗う。すすぎは人肌程度のぬるま湯でやさしく丁寧に。過剰な脱脂と刺激につながるので、熱いお湯による洗顔はNG! 最後はタオルで軽く押さえるように顔の水分を拭き取る。このときもこすって肌を摩擦しないように。夜の洗顔では、事前に蒸しタオルで毛穴を広げておくとより効果的。

chn13_rpt998_awa.jpg

(2)化粧水でたっぷりと水分補給!
洗顔後、またはお風呂を上がるとすぐに保湿をすること。化粧水はコットンまたは手のひらにたっぷり取り、まずは顔全体に化粧水をなじませる。この際、下から上へ、内側から外側へが基本。最後に手のひらで顔全体を包み込むようにしてしっかりと浸透させる。

(3)充分に保湿した肌をクリームで保護!
化粧水をつけた後は、クリームなどで肌に1枚膜を張ろう。これは化粧水で補った水分を蒸発させないようにフタをする意味もある。クリームを顔全体になじませたら、やさしくマッサージをするのもよい。ベタつきが気になるときはジェルタイプのクリームを選ぶとさっぱりと仕上がる。

特別な日には……
ローションパックでぷるぷる肌を実感
効果的な肌保湿のために、週に1~2回はローションパックをするのがオススメ。化粧水を含ませたコットンを何枚かに薄くさいて、肌にぴったりと張りつけて数分おくだけ。化粧水をただつけるより、肌にとどめておくことで、水分を浸透させることができ、毛穴を目立たなくしていく効果がある。長く肌の上に置いておくと水分が蒸発し、逆に肌を乾燥させてしまうので、長くても10分までに。

美容液で集中ケア
集中ダメージケアをするなら、いつものスキンケアにプラスして美容液を取り入れよう。美容液を選ぶときは、シミ、くすみ、乾燥など、気になるダメージに合わせて。今、自分の肌がどんな状態にあって、何を必要としているのかを見極めることが重要だ。目元などのパーツ専用アイテムを使うもよし、徹底的に保湿美容液にこだわるもよし。シミには美白美容液を。特に気になるダメージの部分には、重ねづけすることをおすすめする。

(文:管理栄養士 志水あい/MediThink) エキサイト
キレイはこちら
キレイママのスキンケアとダイエット f_04.gif a_04.gif

想像以上に繊細で複雑な「肌」。美肌になるにはどうしたらいいの?  

美肌になるにはどうしたらいいの?



女性であれば誰でも「美肌」を手に入れたいと願うもの。つやつやでプルプルのお肌になりたくて、ネットやTVで話題の商品を手当たりしだい試すものの、なかなか理想通りにはならず……なんていう経験をお持ちの方も多いと思います。
ところで、私たちが普段欠かさずお手入れしている「肌」はつまり「皮膚」のこと。傅田光洋氏は著書「皮膚は考える」(岩波書店)と「第三の脳」(朝日出版社)の中で、『皮膚は単に身体を包むだけのものではなく、色も認識し、電波も発信し、情報処理も行っている“臓器”で、思考もしている』と言っています。つまり、私たちは何の気なしに、ただ手入れをすればいいと思っていた「肌」は、実はとても自己組織化されたセンサーであり、非常に繊細で複雑な臓器だったのです。

例えば、私たちは肺や肝臓などといったいわゆる「内臓」については、何か不調があれば病院にいって検査を受けたり、また普段からお酒を節制したり禁煙をしたりといった“ケア”を、その臓器別に考え、自分にあった方法を実行していますが、「肌」についてはどうでしょうか?

「肌」をケアする「薬」を「化粧品類」だと例えてみると、コラーゲン、ビタミンC、ヒアルロン酸、プラセンタエキス、アミノ酸、酵母エキスなどの基本的な保湿成分が安定的に配合できるようになった1980年代から現代にかけて、肌によいといわれる成分が発見・発表されたことにより、「化粧品」に含まれている成分の知識を豊富に持つようになりました。例えば、Aさんは即効性のある美容成分に注目しているけれども、Bさんは植物由来成分に注目し、豆乳や大豆イソフラボン含有の製品を愛用しているといったように選択の幅が広がりました。

ただ、何をチョイスするか、選ぶ楽しさといったものも勿論ありますが、「肌」にとって一番いいことと考える時には、やはり成分の安全性、原料まで、とことんこだわることが大切だと思います。また、化粧品に含まれる成分にだけ頼るのではなく、「肌」は「臓器」でもあるわけですから、良質の睡眠をとり、規則正しく良質の栄養をとり、毎日良質の運動をすることも大切だといえます。また、精神的なストレスも肌の大敵でありますから、普段からリラックスすることも大切です。

今、話題になっているインナービューティやデトックスという発想も、外側からだけのケアだけではなく、内側からのケアも大切なんだという考え方の表れではないかと思われます。
「美肌」へのアプローチ、次回は「外側」からのお手入れ方法について、基本に立ち返った、本当に肌のために大切な成分について次回からお伝えしたいと思います。
chn28_rpt918_1019-bihada.jpg


エキサイト:たかざわ

キレイはこちら
キレイママのスキンケアとダイエット f_04.gif a_04.gif

「美肌」のために必要な「トータルケア」とは?  

「美肌」の「トータルケア」とは?



外側の変化だけではなく、内側の変化にも敏感なインターフェイスである“肌”。肌は毎日、紫外線や老化、ストレスによりダメージを受け、細胞の中に老廃物がたまりやすくなっていきます。その老廃物を取り除き、免疫力を高めるためには、リンパの流れをスムーズにし、デトックス作用のある「リンパマッサージ」が有効です。

リンパは細胞にたん白質、水分、ミネラルなどを運び、細胞からは老廃物を受け取ってろ過処理するという働きを持っています。しかしこのリンパの通り道が滞ると、余分な水分や老廃物が蓄積し、むくみの症状を引き起こし、ついには細胞間の老廃物の処理がうまくできず、細胞が元気をなくしてしまうのです。これを阻止するためにオススメなのが、むくみの解消、新陳代謝の促進に好影響を与える「リンパマッサージ」なのです。
chn28_rpt957_bihada-3.jpg

(1)リンパマッサージは、基本的に顔の中心から外へと向かって行います。力をいれすぎず、指の腹を使いましょう。
(2)顔だけではなく、首も上を向きながらマッサージしましょう。
(3)顔の中心から少しずつ集めたリンパ液を、大きな流れに乗せるように、耳の前のリンパ節に向かって流していきます。
その後、さらにその流れを首を伝って鎖骨リンパ節まで流します。


「美肌」をつくるためには、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸といった、肌本来の働きを強化してくれる成分の他に、新陳代謝の促進に好影響を与える「リンパマッサージ」などが大切だといえます。
けれども、これだけをすればいいというわけではありません。
「美肌」をつくるためには、ライフスタイルを意識することも大切なのです。
まず第一に「水」を積極的に摂るようにしましょう。水はただ水分を補給するだけではなく、いろいろな栄養の吸収を助け、新陳代謝を促進します。
第二に「良質のたん白質」を摂りましょう。脂肪や糖分、塩分を必要以上に摂りがちな現代の食生活で、良質で低カロリーな植物由来の大豆たん白質は安心です。またたん白質は、肌の結合組織の成長と修復に必要な体の基本となりますので、例えば吸収のよい大豆ペプチドは理想的だといえます。
第三に「野菜」を摂りましょう。食物繊維の豊富な野菜を摂ることにより、腸内環境が改善されます。また、野菜に含まれるビタミン、ミネラルは肌のいろいろな細胞の働きを助けるだけでなく、コラーゲンやエラスチンの破壊も防ぎます。
このほかに、コラーゲンを傷つけ、シミだけでなくシワの原因にもなる「紫外線」にも注意を払って生活をするようにしましょう。

「美肌」をつくるためには、肌本来の働きを助ける成分を外から足すだけではなく、内側からも働きかける必要があります。そして何かの化粧品や栄養の他にもう一つ大切なことがあります。それが「笑顔」です。
笑顔を心がけるだけで顔のシワが減るともいえますが、笑顔を心がけて毎日を楽しく生活できる人、そして日々栄養バランスに配慮し、あらゆる角度から自分をコントロールできる人……つまり、肌のための「トータルケア」を心がけることこそが「美肌」を作るために一番大切なことだといえるのではないでしょうか。
「美肌」のために、毎日を楽しく、そして賢く生きていくようにしましょう。

POLA「お疲れアイ」から「ビューティ☆アイ」へ

「美肌」のための……おすすめグッズはこちら

エキサイト:たかざわ
トラックバック:http://www.excite.co.jp/health/tb/health/column/rid_957

キレイはこちら
キレイママのスキンケアとダイエット f_04.gif a_04.gif

「美肌」を目指す私たちに、必要な成分とは?  


「美肌」のために必要なもので、まず最初に思い浮かべるのが「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」ではないでしょうか?

ご存知の通り、コラーゲンは皮膚の95%を占める皮膚の本体といえる真皮で、肌の弾力を作るという、大切な働きのある繊維状のタンパク質です。「美肌」を目指す女性たちの多くは、このコラーゲンを積極的に取ろうと心がけているはずですが、実はそれを利用するための真皮環境が整っていなければだめだということをご存知でしたか?
chn28_rpt937_bihada-2.jpg

まるで「縄」のように寄り集まったコラーゲンの遷移を繋ぎとめるのがエラスチンの役目です。
また固定されたコラーゲン線維の間にたっぷり水分を蓄えているのがヒアルロン酸です。

体の中が酸化してサビついた状況にしてしまう「活性酵素」。この「活性酵素」を抑えるのに有効なのが、野菜に含まれるビタミンCとEです。コラーゲンと一緒に、野菜等でビタミンCやEをとることで、真皮の古いコラーゲンを分解する酵素の働きがスムーズになり、古くなったコラーゲンを処理、新しいコラーゲンがまた作られ、若々しい弾力のある肌になることができるのです。

また、肌の中の真皮層にあって、真皮の細胞と細胞をつないで水を溜め、コラーゲンやエラスチンが肌のハリと弾力を作るのに重要な役割を持っているのがヒアルロン酸です。ただ残念ながら、ヒアルロン酸は加齢とともに減少し、0~20歳を100%とした場合、30代までには約70%、50歳までに40%、60歳までには約25%にまで減ってしまうといわれています。ヒアルロン酸が減ると、ともに肌構成しているコラーゲンも弾力を失いやすくなり、エラスチンも減少してしまいます。ただ残念ながらヒアルロン酸は化粧品などで補うしかありませんので、含有している化粧品を上手に活用していくしかないようです。

ところで、「美肌」のために有効な成分として、「アミノ酸」が注目されています。人間の体の約60%は水ですが、残りの約半分はアミノ酸でできています。アミノ酸は体の細胞、ホルモン、酵素などを形成するほか、体にとって様々な重要な働きをしています。
このアミノ酸の摂取には、植物由来で、食事から摂る必要がある「必須アミノ酸」を理想的に含んでいる“大豆由来”のたん白質がオススメです。そして、大豆たん白が素の大豆ペプチドはアミノ酸が数個繋がった成分で、アミノ酸バランスに優れ、効率よく吸収されますので、元気な体に最適といわれるだけでなく、優れたリラックス作用があり、α波を増加させるといわれています。
アミノ酸は筋肉量を増す作用もあり、衰えがちな足腰にも一層役立ちますので、日ごろ運動不足になりがちな私たちには、元気で美しい素肌を作るだけでなく、健康的な体を作るためにも大切な成分だといえるでしょう。
chn28_rpt937_1024-bihada.jpg

エキサイト:たかざわ

「美肌」のための……おすすめグッズはこちら

キレイはこちら
キレイママのスキンケアとダイエット f_04.gif a_04.gif
プロフィール&トピックス

Author:@なすびっちママ
スキンケアとダイエット
キレイママのblog

キレイママのブログ
★ キレイママドットネット ★
DHC、QVC、Drシーラボ他 はこちら

キレイママのスキンケア,シミ・シワ・くすみ基礎化粧&コスメ,ダイエット

SEO対策:ファッション

SEO対策:ダイエット


2006/5/24設置

a_04.gif
a_04.gif

Powered By The-Searchhttp://kazunao.blog48.fc2.com/のPageRankを表示しています。

ラブコスメランキング

BlogPeopleトラックバック

【スキンケア】 【ダイエット】 【アレルギー】
Birthday Blog(BB)

参加ブログランキング

a_04.gif
女性ブログランキング参加中!
投票お願いします!




ブログランキング

女性だけのブログ ランキング
シェルマン・オリジナルウォッチ

相互リンク
アクセス/SEO対策相互リンク
それぞれアカウントが異なりますので
アクセスアップ、SEO対策に効果あり

簡単相互リンク集

相互リンクのリンクモスト


リンク集

SEO対策ならSEO Studio

BBS7.COM
MENURNDNEXT

相互リンク募集 アクセスアップ SEO対策
おすすめサイト、リンク集33
中高年 転職
カーテンのオーダーメイド店カーテンココ
      不動産担保ローン
      
不動産担保ローン
      予約システム4ヶ月後1000円
      墓石のことなら和田石材
      SNS4U
      HP-TOOLBOX
      マンスリーマンション福岡
      マンスリーマンション情報
catvチューナー
無料オンラインゲームカタログ
イニシア新川崎
岩盤浴 東京・目黒 岩だーら
横浜レトロ
出会い系 HF
バーチャルオフィスと私書箱
情報商材レビューブログ
ダイエット、シェイプアップ、やせる
八木歯科クリニック
オフィスモリシタホームページ
O脚矯正
無農薬玄米と野菜の販売、げんまいや
アルバイト情報局
移動販売・移動販売車.com
表札の専門店 山田製作所
データ復旧のピーシーキッド
早漏
カフェDEチャイニーズ中国語教室
レーシック
ゴールドカード
      木葉inブラウン2
外山ポンプ NETde修理
クレジットカード
Coffee ブレイク! お寛ぎ下さい
豊岡市 アフィリエイト ホームページ
毎日ブランド品バーゲン通販
ANGELIGHT
奴の小遣い稼ぎ日記
アフィリでうまくいかない!
京都御苑散策記
料理書籍苑
必勝情報
FXとネットで「儲かる」小遣い稼ぎのブログ
体質改善ダイエット
グルメウォーカー(自称)のグルメ日記
こりとろーね
誰でも痩せられるダイエット?
hiroふれ愛習志野家政婦
Planet-J Search
有限会社ビルトアップ
長澤まさみ動画・画像の館
結婚デキル必ず結婚できる方法
大塚製薬グループ未公開株サイト情報
わくわくJ-POPヽ(´▽`)/
キャッシング ローン比較申込ブログ
ブログアフィリ初心者のコツコツ小遣い稼ぎ日記
元祖動物占い ~個性心理学活用法~
おもしろ画像集2005-2007
芸能・スポーツ情報満載情報局
エルメス
コペンと共に生きるオレの生き様
奴のお小遣い稼ぎ日記
メリーさんの部屋
激安 エバーライフ皇潤の口コミ・効果
バナナ酢でダイエット!
豊胸手術@豊胸手術ガイド
オフィスサポート
ほーむぺーじ  (。・_・。)ノ
労働基準法と就業規則 酒田市
ちょこっと起業で幸せライフ
ポイントハンター紹介ブログ
プリザshop~Mary Rose~
超人気サイトランキング
北海道の土産と特産品
過払い請求のツボ!
オオクワガタ飼育技術
アフィリエイト王国
さくらの副業応援隊
「芸能界への近道」
完全無料でウェブマネーを得る方法
検索ショップ
モールdeブログ
オンラインゲーム 無料

静的リンクでアクセスアップ
手作業によるHTML静的リンク

キレイママ相互リンク集

☆ 相互リンクサイト ☆

arf2-dog(アフツー・ドッグ)

我が家のアイドル
大切なペットの情報

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスアップ/検索エンジン登録


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。